初心者でもできる窓を狙った方法を教えます。

トレードを始める方へ


今回は窓を狙った手法について

お話ししていこうと思います。

窓とは?


まず窓というものが

どのようなものかを説明します。


毎週というわけではないですが

土日の相場の休みを空けた時に

金曜日のレートとは離れて始めるところを

窓と言います。



上のようなところが

窓になります。


こういったのはなぜ起こるかを

先にお話ししていこうと思います。

窓ができる理由


まどができる理由としては

大きく2つあります。

1、経済的な発表などがあった


まず一つ目に経済的なニュースなどが

土日にあった場合です。


大手会社の買収や

有名な人の引退などなど

大きなニュースがあれば

価格が大きく変動します。

2、大口のトレードをされた


2つ目として大口のトレードを

しているということです。


土日は基本的に取引がないとされていますが

すべてが締まっているわけではありません。

中東市場は土日でも取引ができます。


なので土日に少額ではなく

かなり大きな大口投資家などが

取引をしていると

価格が大きく変動するので

月曜日になると

全然違う価格から始まるということがあります。


このような窓のとき

どのような取引ができるか

お話ししていこうと思います。

窓のねらい目part1


まず一つ目として

窓が閉まるという動きを

狙っていく形になります。




このように窓が開いているときに

窓が閉じるような動きをすることがあります。


なので閉じる方法に

ポジションを持つということが

一つ目の方法になります。

窓のねらい目part2


2つ目として窓が閉じたら

もう一度反発するというところを

狙っていきます。




一度閉じた窓は

反発するということがあります。


なので一度金曜日の値まで来て

再度反発が画像のところでは

見受けられると思います。


なのでこのようになったら

反発方向にポジションを持つということが

2つ目の方法になります。


こちらが窓の時の

取引の方法になります。

最後に


以上が窓の説明になります。

理解できましたでしょうか?


窓が開いたときに

簡単に狙える方法を説明しました。

ただ注意してほしいことが

必ず起きることではありません。


窓ができたから必ず閉じるわけでもありませんし

数時間で締まるときもあれば

数日かかっても閉じない時はあります。


なので閉じなくてもいつかはと思って

ずっと期待し続けるわけではなく

損切りなどもしっかりとして

見切りをつけていきましょう!



必ずというわけではないので

可能性があるという意識を持って

取引をしましょう!


簡単にできるので

ぜひ取引の幅を広げるという意味でも

知っておくのもいいと思います。


ぜひチャンスがあれば

試してみていただければと思います。

=====================

公式ライン@にて
【誰もが単純明快に稼げる方法】を配信しております。

今、最先端情報配信クラブに登録すると

・利率200%
      【自動売買】

・誰でも利益が出せるツール

     【長期サインツール】

無料でプレゼント致します。

人数限定なので
早めに受け取って特典の良さを実感してください。

https://line.me/R/ti/p/%40rln3546v

トレードを始める方へ
saisentanfxをフォローする
FX最先端情報配信クラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました